雅なことば遊び《俳句教室》

このエントリーをはてなブックマークに追加

こらぼ糸島で開催中の、土曜俳句教室に参加してみましたー
女性が多く意外でした。何となく、風流なおじさまのイメージだったので(まったく個人的な思い込みです)。そういえば『糸島俳句協会』の中川代表のイメージですかね・・。
月2回開催の6回目、自分が作った句を推敲する回でした。
季語が入った五七五の有季定型になっているか、自分の気持ちが出ているか、人に伝わるか、わかってもらえるか、切れや調べはどうか、似た句はないか等、推敲のやり方を学んだあとは、生徒さんが作ってきた句を使って、味わいました。
たぶん高校時の授業以来の俳句の教室でしたが、文章や言葉が大好きな私にとって、とってもおもしろく新鮮でした。
一番驚いたのは「俳句教室は詠むためのものではなくて、人の俳句を読むため、味わうための教室です」と言われたことでした。
てっきり詠み方教室だと思っていたので、意外でした。

この土曜俳句は8月で終了しますが、また開講されたら、雅なことば遊びをしてみませんか。