《自宅で迎える最期》の話

こらぼの登録団体、いとしま在宅ホスピスボランティアの会「ヴィオラ」さんが開催された『あなたと、あなたの大切な家族の笑顔のために~今 知っておこう、選択肢の一つ、在宅ホスピス~』の公開講座に行ってきました。

NPO法人緩和ケア支援センターコミュニティ代表の平野頼子さんの「ナラティブでみる暮らしの中の看取り」というタイトルに正直「はぁ?」というカンジでしたが、自分や家族の物語りを紡いでいく先に、自宅で完結するという選択肢があり、看護師でもある平野さんが携わった感動の在宅看取りの話しもありました。

住み慣れた家や地域で最期まで生きるためには、必要な人も物もいっぱいありますが、まずは自分の意思を家族や友人、後見人と何度も話し合うことが大事ということです。つまりは日常の会話からですね。

今まで考えたこともなかった自分の最期について、いろいろ考えさせられたというか、考えなければいけない話でした。
今回がヴィオラさんの初めの講座だったので、次回のテーマにも期待しましょう。次は参加してみませんか?

一生懸命講演を聞いて、班の人達と話してたら、写真を撮るのをすっかり忘れていました。